So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の8件 | -

mother 最終回第11話 の視聴率速報と推移 [mother 視聴率]

[るんるん]mother 最終回第11話 の視聴率速報と推移[るんるん]


やっとこの数字まで来たんだ^^。
先週よりも「1.5%」[グッド(上向き矢印)]「16.3%」


◆mother 視聴率速報と推移

第1話:11.8% 第2話:12.0% 第3話:12.8% 第4話:10.0% 第5話:11.9%
第6話:13.9% 第7話:12.4% 第8話:14.0% 第9話:12.2% 第10話:14.8%
第11話:16.3%

平均視聴率・・・12.95%

松雪泰子 mother

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ mother 最終話・最終回の感想 第11話「ずっと愛してる」の続き! [mother 感想]

ドラマ mother 最終話・最終回の感想 第11話「ずっと愛してる」の続き[exclamation×2]ドラマの中の場面や背景も入れながら[わーい(嬉しい顔)]

先週の続きで電話越しに涙を「流しながらつぐみの決意・本音を知動揺している奈緒。
ドラマ最初から感極まって涙[もうやだ~(悲しい顔)]
実の娘と同年齢のmother 子役の芦田愛菜。
ダブッてしまって・・・。
終始涙腺が緩みっぱなしでした。


葉菜(田中裕子)の病状は手の施しようがない余命が分からない状態。
夜の病室で過去を走馬灯のように思い出し奈緒と一緒に逃走した半年間の
出来事を奈緒に最期の言葉として残しているんだろうか。


室蘭の施設に千葉のおばちゃんから届いた仕送りのダンボールに入っていた茶封筒。
2万円ものお金が・・・。
ここからのつぐみの行動には感嘆。


葉菜の家につぐみの「会いたい一心」で1人で会いにきてしまった。
「会いたい」この強い想いが引き起こした行動であり奇跡。
ここでも感動で[もうやだ~(悲しい顔)]


しかし、ここでまた一緒に暮らすと罪になってしまいますね。
一時の安らぎ。
しりとり・ダジャレをしながらの食事風景。
うっかりさんこと葉菜の病気を心配するつぐみ。
ウソを付く葉菜の心境は?
自分でも命尽きる寿命を分かって堪えこの幸せタイムを噛みしめているのが伝わってきます。


雑誌記者である駿輔(山本耕史)が心配をして奈緒の所へ。
そして鈴原家の皆が。


駿輔(山本耕史)の質問は過去の事件の核心をついていた。
葉菜「母性による守りたいもの」が引き起こした事件。
この時には父親の幼い奈緒への暴力があったからかと。
後に真相が判明します。


望月・鈴原両家の女性陣が揃い記念撮影。
「産んでくれてありがとう」は最大の賛辞。


そして、いきなり産気づく二女。
新たな命が生まれる鼓動が聞こえてくる。


葉菜がつぐみと奈緒の髪の毛を散髪。
そして、家族と生い立ちを話し始める。
奈緒に伝えなきゃという想いが伝わってきて・・・。
奈緒とつぐみの未来を心配している。
「結果を急ぐのではなく子供のために今何をしてあげれるのか(最優先に)」
忘れていた記憶を思い出し過去と現在が繋がった奈緒。


つぐみが話したラムネのビー玉の話。
どうやって入ったのか?
誰しもが感じる疑問で未だに分からない。


葉菜が夫が寝ている家に火をつけ逃走した理由が明らかに。
幼い奈緒が大好きな母親を守るために火をつけたと想像が出来るシーンと会話が。
全ての罪を葉菜が被る決意で逃走していたことも。
これが先の「母性による守りたいもの」だったんだと。


うっかりさんが最期につぐみと手をとって安らかな眠りについた。
葉菜の命は二女の子供誕生で繋がれた気がしましたね。


翌日のお別れ。
施設へ送ろうとする奈緒につぐみが「お母さん 嫌いになった?」と。
子供は大人の事情(法律や生活環境の制限)が分からないから当然。


奈緒がつぐみを諭すシーン。

「ずっとつぐみのお母さん」 「いつか必ず会える」 「大人になっても必ず気付く」 「大丈夫お母さんは大人になっても気付く」

愛されているという想いを胸にうっかりさんと最期の別れ。
室蘭の施設へ一緒に連れ帰る奈緒。


公園?で小学校の友達の親子に急に引き裂かれた2人。
気丈にもつぐみの賢明なバイバイ。
他人のフリをしたつぐみ。


しばらくしてつぐみを追いかける奈緒。
つぐみ「お母さん見てて!ちゃんと自分で帰れるから」


見守っている中での別れは愛されていることを実感するから自立出来ますね。


そっとつぐみのかばんに入れた手紙の朗読とバックに流れる主題歌にも
溢れ出て来る涙を抑えきれなかった[もうやだ~(悲しい顔)]
20歳になったら読んでほしいと。
施設で幸せなら嬉しいですね。


この時にふと思ってんだけど、最初つぐみを普通に保護して法的手続きをして
里親から養女で親子はダメ何だろうかと。


嬉しかったシーンがこれです[るんるん]
そして20歳をすぎたつぐみと奈緒が喫茶店でクリームソーダを真ん中に
大好きな物手帳と最後に皆で撮った集合写真。
お互いの手を重ね握るシーン。
ハッピーエンドな形ですっごくよかったです。


そして、夏の北海道のバス停から施設への道のロケ地へ行ってみたいと思ってしまった。
北海道への旅行なら楽天トラベル

子役の芦田愛菜はこのmotherドラマの他に湊かなえ作で松たか子主演の「告白」にも
主演の娘役として出演しています。


子役の芦田愛菜の宝物が松雪泰子さんからプレゼントされたカゴバック。

こんな形でした。
人気 カゴバックはこちら。


最後にYoutubeにアップされている「motherドラマ」を掲載。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ mother 最終話・最終回の感想 第11話「ずっと愛してる」 [mother 感想]

ドラマ mother 最終話・最終回の感想 第11話「ずっと愛してる」[るんるん]


昨日見ようと思っていたけど見れず先ほど録画した拡大版を見ました。
とりあえず号泣[もうやだ~(悲しい顔)]
mother 子役の芦田愛菜は「スゴイ」の一言。
実年齢が私の二女と同じ年齢なので感情移入しまくりでした。
とりあえずスゴイ子役が出てきたなと、これからの活躍に期待が持てますね。
子供店長超えたなと!


私が最後はハッピーエンドになって欲しいなと毎回思っていたけど
そうなったので胸をなでおろしました。
途中、葉菜(田中裕子)が亡くなり急展開しまくりでしたね。


子供がいる家庭と言わずぜひ色々な方に見て頂きたいドラマだと。


感動したセリフや場面の詳細は本日夜にアップ予定^^。



最後のシーンの奈緒(松雪泰子)の語りと mother 主題歌の「泣き顔スマイル/hinaco」のコラボは感動[わーい(嬉しい顔)]

mother ドラマ関連はこちら。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ mother 最終回 あらすじ 第11話「ずっと愛してる」 [mother あらすじ]

ドラマ mother 最終回 あらすじ 第11話「ずっと愛してる」[るんるん]


執行猶予付きの判決を受けて実家に戻った奈緒(松雪泰子)を、駿輔(山本耕史)が訪ねて来た。


施設で明るく暮らす怜南(芦田愛菜)のビデオを見せられた奈緒はショックを受けつつ、
遠くから怜南の幸せを願おうと自分に言い聞かせる。



その直後、奈緒に怜南から電話がかかってくる。
怜南は奈緒にあるお願いをして、奈緒を絶句させる。


一方、葉菜(田中裕子)は延命治療を行わないことに。
その葉菜がなぜ幼い奈緒を捨てたのかも明らかになっていく。


奈緒は葉菜とのきずなを深めるが…。


そして、室蘭の児童養護施設にいるはずの怜南(つぐみ)が・・・。


感動のラストシーンが期待できますね。


奈緒が必ずドラマで使用していたバッグ。

mother ドラマ関連はこちら。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ mother 感想 第10話「ひと目会いたい」 [mother 感想]

[るんるん]ドラマ mother 感想 第10話「ひと目会いたい」[るんるん]


奈緒(松雪泰子)は裁判で執行猶予3年で鈴原家に帰宅。
温かく迎えてくれる家族・家族愛にホロリ[ふらふら]
支えてくれる・味方になってくれる人が周りにいるだけで心強いですね。

怜南(芦田愛菜)は北海道の児童相談所へ。


今回の奈緒(松雪泰子)の罪は「誘拐罪」だけど、
母親としての意識を持つことは虐待からの保護を逸脱していると。


罪は「母性を抱くことで母親になること」。


法律は感情移入をしてはいけないともとれる判決と解釈。
これがリアルな一般常識なんでしょうね。
私はこの理由にカルチャーショックというか衝撃を同じく受けました。
誘拐は理解出来るけど、母性を持つことが罪になるなんて・・・。


顕著に表れていたのが怜南(芦田愛菜)をつぐみと呼び続ける奈緒(松雪泰子)。
この言い方を諭す俊輔(山本耕史)。


葉菜(田中裕子)と籐子(高畑淳子)との生みの親と育ての親の間の確執が解消され
奈緒(松雪泰子)に最期の別れをしないといけないと諭す。
この背景には同じ時代を生きてきたことが理由。


印象に残ったのが
奈緒(松雪泰子)と葉菜(田中裕子)が病室で抱きしめ合い言った言葉、
奈緒(松雪泰子)の携帯にかけてきて最後につぐみが話した言葉。


奈緒「離れていても母でいてくれたこと」
   「今度はあなたの娘でいさせて」
葉菜「ずっとこうしていたかった」

この時に画面に出たホスピスの本。


近況報告しながら
「お母さんいつ迎えにくるの?」

さらに涙ながら
「待ってるよ!牢屋から出たんでしょ お母さん早く迎えに来て」
「会いたいよ」
「もう1回誘拐して」

この2人には本当の親子以上(母と娘)の絆が確立している!?



来週はついにmother 最終回!!
どんな結末?
出来れば法的手続きを取って養女としてハッピーエンドになってほしいけどね。

このドラマは世の中の似たような状況の家庭に影響を与えているのかな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

mother 第10話の視聴率速報と推移 [mother 視聴率]

[るんるん]mother 第10話の視聴率速報と推移[るんるん]


先週よりも「2.6%」[グッド(上向き矢印)]「14.8%」
神ドラマと言われてそれに視聴率がやっと追い付いてきた感があり、
キムタクドラマの視聴率を超えましたね^^。



◆mother 視聴率速報と推移

第1話:11.8% 第2話:12.0% 第3話:12.8% 第4話:10.0% 第5話:11.9%
第6話:13.9% 第7話:12.4% 第8話:14.0% 第9話:12.2% 第10話:14.8%

平均視聴率・・・12.54%


mother DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

松雪泰子主演の話題のドラマ「Mother」がDVD-BOXで発売 [mother DVD]

松雪泰子主演の話題のドラマ「Mother」がDVD-BOXで発売!!


2010年09月22日 DVD-Boxとして発売。
すでに予約開始してますね^^。

mother DVD-Box.jpg

「Mother」DVD-BOXの内容は以下の通り。

◆6枚組(本編Disc 5枚+特典Disc 1枚)

◆仕様:約520分+特典映像/カラー/ステレオ/ドルビーデジタル/
 片面1層・2層/16:9 ビスタサイズ/日本語字幕(本編のみ)

◆特典ディスク内容(予定)
・番宣番組
・PRスポット集

◆特製ブックレット封入


欲しい方は以下からどうぞ!

楽天ブックスは品揃え200万点以上!



>>>日テレ屋web

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ mother あらすじ 第10話「ひと目会いたい」 [mother あらすじ]

[るんるん]ドラマ mother あらすじ 第10話「ひと目会いたい」[るんるん]


逮捕、起訴された奈緒(松雪泰子)は室蘭中央署に移送され、
マスコミも「教え子誘拐事件」を連日報道。


怜南(芦田愛菜)は仁美(尾野真千子)の元へも鈴原家にも戻れず、
児童養護施設に入る。


奈緒は面会に訪れた駿輔(山本耕史)から、
怜南の件と、籐子(高畑淳子)が社長を辞任予定で、
果歩(倉科カナ)も内定取り消しになったと聞かされる。


一方、葉菜(田中裕子)は奈緒の罪が怜奈に“母性”を抱いたことだと知って衝撃を受ける。


怜南(芦田愛菜)を虐待していた仁美(尾野真千子)は逮捕される。
裁判が始まり、すべてを自供した奈緒に判決が下る。


一体どんな罪の内容だろうか?



mother DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の8件 | -



Copyright © 2010 松雪泰子 mother ドラマ All Rights Reserved.   [PR] 母性という神話
SEO対策済みテンプレート
オリジナルヘッダー画像とバナーサービスのみためデザイン
ファミコン野郎魂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。